薬剤師求人・転職・就職サイト「薬剤師アシスト」の公式コラム

薬剤師アシストコラム

コラム記事 薬剤師の労働環境

ドラッグストアは増加傾向(3)

投稿日:

薬剤師 求人

あるシンクタンクの調査などによれば、ドラッグストア市場というのは大手のドラッグストアが利益を独占している状況があるようで、まだまだ地域に密着した小さな薬局なども存在しており、空白と言われる部分が存在しているため、外資系のような外国の企業が進出しやすいような可能性が十分に残っているという結果があるのだとか。
日本という国がどのようにして薬局や薬剤師を守っていくのかということには、今後の動向に注目しておくべきでしょう。
そしてこのような状況をふまえて薬局がどのように生きていくのかということもまた、常に考えられなければならない問題であると言えるでしょう。

いずれにしても運営側からすると、薬局やドラッグストアを運営していく上である程度の人数の薬剤師(有資格者)を雇わなければなりません。
そのため薬局やドラッグストア自体が増加傾向にある以上、薬剤師の需要というのもなくなることがないはずなのです。

現に「薬剤師は不足している」「限られた薬剤師を多くの薬局や企業などが取り合う構図になるのでは?」などという見方をする専門家も少なくありません。

薬剤師として働く方・薬剤師の資格を持つ方にとってみれば、ある意味では嬉しい現状と言えるでしょう。

 

>> 薬剤師求人・転職・就職サイト「薬剤師アシスト」のTOPへ戻る

 

 

免責事項

免責事項

当サイトにおきましては、出来得る限り正確な情報をお届けできるよう努めております。ですが時間経過により情報が正しいものではなくなる可能性や誤った情報が混じる可能性があるほか、予告なく情報の修正や削除を行う可能性がございます。また当サイト掲載情報により何らかの損害等が発生した場合におきましても、運営元は責を負いかねます。情報の閲覧および利用につきましては、全て閲覧者の自己責任でお願いいたします。

 

 

 

-コラム記事, 薬剤師の労働環境

Copyright© 薬剤師アシストコラム , 2020 All Rights Reserved.